今日も何処かで反省会

4327
コンパ、打ち上げ、砂払い。飲み会にもいろいろあるが、反省会というものも。
馴染みの店で一人呑む反省会や、皆でわいわいやりながらの反省会。
Dr.Kのぼやきを聞き流すもよし、隣に座り参加してみるのもあり。
コンテンツのランガンリポートなどについて、皆さんからのコメントも大歓迎。
ただ、皆に気持ち良く過ごしてもらうため、マナーの悪い人はお断り。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

クーラーボックスの実験2 - Dr.K

2018/06/25 (Mon) 18:47:19

容量7リットルのクーラーに1リットルのペットボトル氷。
前回の実験で、外気が20℃を超えてくると、ペットボトル氷の冷気による10℃以下の保冷は難しくなることが分かった。
と同時に、氷水であれば10℃以下をキープできることも判明。

今回は、その氷水の温度変化を確認してみた。
氷水は10℃以下になることは分かったが、逆に5℃未満となって冷えすぎないのか。
どれくらいの時間、効果があるのか。

早速、実験開始。
海水と真水を3:1で混ぜたように2%強の塩水を作る。
室内の外気温25℃。水温24℃。

9:00:塩水とペットボトル氷をセット。
1時間後:7℃ すぐに目標温度達成
1時間半:7℃
3時間半:5℃
4時間後:5℃
6時間後:4.5℃ 15:00外気温26℃
7時間後:5℃ 16:00外気温27℃
8時間後:5℃
9時間後:6℃ 18:00外気温25℃
 ↓
18:45:6℃ 氷全解
20:15:8℃
20:45:9℃
21:45:10℃
22:15:10℃

外気温が25℃前後であれば、ペットボトル氷は9時間強の持続時間があり、氷が解けるまでは、5、6℃の水温をキープできることが分かった。氷の全解後は、毎時1℃程度、水温は上昇したが、5~10℃を概ね12時間キープできた。

しかしながら、外気温が上がった場合や水の量を増やすと、氷を解かす熱量が増えるので、安定する水温が上昇するとともに、氷が全解するまでの時間が短くなると思われる。(熱量保存の法則など)
そして、もちろん、これらに魚が投入されるわけであり、その場合、持続時間、水温ともにさらに変化があるだろう。

当面は、2リットルの水に1リットルのペットボトル氷で丁度よいと思うが、真夏などでは、混ぜる真水を冷水にするなど、冷やすべき水の温度をできるだけ低いもの、あるいは氷の量を増やすなどの対策が必要だ。

現在のクーラーボックスであれば、1リットルのペットボトル氷で、
気温が
18℃以下:ペットボトル氷の冷気のみ
27℃以下:2リットルの氷水
28℃以上:2リットルの氷水
      ※500ccの真水を氷にチェンジ 
が一つの目安かな。

クーラーの重量+水2kg+氷1kg+魚
さらにはタックル2セット
重てぇ~!

鳴海 雄町バージョン - Dr.K

2018/06/21 (Thu) 18:14:17

先日の釣行時、東灘酒造の直営店に立ち寄ってみたところ、緑のラベルが鎮座している。
よく見ると「雄町」と書かれている。堂々、雄町バージョンの誕生だ。
早速ゲット。

特別純米の直詰め生。鳴海シリーズの基本的ラインナップに位置する。

口に含むと、雄町特有の濃厚な味わいが拡がる。鳴海の特徴シュワ感も十分。
一瞬、甘いのかと感じるが、それほど甘いわけではない。
コクがあって日本酒の味がしっかりしているという感じだ。
しかし、食米で醸造した日本酒のように、米の旨味が前面にきている訳でもない。
バランスがいい呑み口だ。一言で言えば「雄町の味」というしかない。(笑)

山田錦や五百万石の共通の先祖にあたる雄町。鳴海にいいラインナップが増えた。

ちなみに、鳴海シリーズは
山田錦で
 純米吟醸直詰め生の朱書
五百万石で
 特別純米直詰め生の青
 特別純米直詰め生の風
 特別純米冷おろしの橙
ふさこがねで
 特別純米直詰め生の白
彗星→雄町で
 純米吟醸直詰め生の赤
 (赤は今年から雄町に変わったらしい)
など、種類が多い。
季節限定も多いのだが、どれを選ぶか。

なお、我が家の感じ方では、
朱書きは、辛口に振ってはいるが、純米吟醸の製法と酸度により、ほどよい吟醸香とほのかな甘みを感じる酒。息子はがぶ飲み。
青は、さほど辛口に振った酒ではないのだが、五百万石の特徴と酸度のバランスで飲みやすい辛口に仕上がっている。淡麗辛口といってよい。食中にあう酒で我が家に大好評。
風は、春夏向けということで、青から固さをとり、さらにキレと爽やかさを増した感じ。
冷やおろしの橙は、火入れして落ち着かせた分、我が家では薄く感じる。一般的には飲みやすいのかも。
白も辛口なのだが、千葉の食米を使用しており、米の旨味が前面にくる濃厚さの方が特徴的だ。
赤は、吟醸の甘口の酒。結構甘い。雄町になっても方向は変わらないらしいので、我が家にとっては、同じ雄町でも今回の緑の方が合うのかな。

首都圏でも人気が出てきている「鳴海」。皆様も自分に合う「鳴海」を探してみてはいかがか。

クーラーボックスの実験 - Dr.K

2018/06/18 (Mon) 18:36:49

先日のモンゴウイカを食べてみたところ、何をしても生臭い。身そのものが臭い。
個体差かとも考えたが、もしかしたら鮮度の低下が原因かと、思い当たる節もある。

昨年まで、夏日は氷海水で魚の冷却をしてきた。暑い日にペットボトル氷の冷気だけではどうなのか。早速、クーラーボックスの実験をしてみた。

朝8時半、実験開始。
7リットルのクーラーボックスに1リットルのペットボトル氷をセットする。
室内の外気温は25℃。ずっと変わらず。

クーラーボックス内は
1時間経過:17℃
2時間経過:14℃
3時間経過:13.5℃
4時間経過:13℃
ここで、魚の出し入れを想定して、クーラーボックスの中を少し攪拌して再び蓋を閉める。
6時間経過:13℃

結果、13℃で安定。(このスペースにこれだけの氷入れて。嘆)
理想の5℃~10℃にはほど遠い。
ちなみに同じ温度計で冷蔵庫は4℃。その野菜室は7℃だった。

次に、その半分溶けたペットボトル氷で氷水の実験。2.5リットルの氷水(塩水)をクーラーの中に作る。

1時間経過:11℃
2時間経過:8℃
ペットボトルの氷が全部溶けていた。

最初から作っていれば、数時間で全部溶けることはないので、もう少し低くなるのかもしれない。

でも、どおりで夏場は水氷締めしようとしても、瞬殺できないはずだ。氷の量にもよるが決してキンキンではない。

暑い日は、魚を締めた後で袋に入れて、これまでどおり氷海水で覆うのがいいのかな。

しっかし、クーラーに水入れると重いんだよなぁ。(泣

デジタル三昧 - Dr.K

2018/06/01 (Fri) 18:31:51

5月の初めにDVDレコーダーを買った。
テレビの外付けHDに大量に溜め込んだ録画を移動し、DVDに焼くためだ。(Mrs.C要望)

アンテナ配線などを変更し、既設のDVDビデオプレーヤーを移設したあと、新レコーダーを我が家のネットワークに組み込む。とその時、時を合わせDr.KのPCが立ち上がらなくなった。メモリー異常の警告音。しかし、メモリーは正常。

原因を突き止めていくと、マザーボードが旅立ったようだ。復旧への問題はデータ救出とOSがXPということ。XPを動かせるマザーボードは現在では限られている。XPでしか動かないソフトもいっぱいある。

安いものを探し出し購入後、PCをバラし、スペックに合わせた構成で組み立て直し。強制的にHDからデータを救出し、OSと各種ソフトをクリーンインストール。インストできなくなってしまったソフトはフリーの代替を探す。

リビングのPCはWin10だが、パーツは10年もの。こちらも、いつ逝ってもおかしくない。Jr.YもノートPCを使い始めたし、この際NASを導入し、20年間に及ぶデータの一括管理と保護を図る。

そうこうしているうちに、今度はDr.KのPCの2.1chデジタルスピーカーがぐずり始める。一つ壊れると波及するものか。原因を調査し、自分でできる範囲で修理を施す。

こうして、約1か月に渡るデジタル製品との格闘に終焉を迎え、ネットワークの変更とともに、当初のDVDレコーダーの設定をようやく完了した。ついでにレコーダーもNASと接続してみた。全ての戦いに勝利したのだった。

ここまでの1か月、週末は所用、平日夜間にデジタル機器と向き合ってきた。調査しては原因を特定する作業を繰り返し、必要な復旧を行っていく。さすがに疲れきった。

現在、Mrs.Cが録画番組をせっせと移動し、シリーズ化したDVDを作って無邪気に喜んでいる。最近、ダブルレイヤーの8GBディスクがあることもようやく知ったようだ。

ニコニコしているMrs.Cの姿が見られるのが何よりだ。

平日ホリホリ - Dr.K

2018/05/18 (Fri) 18:23:46

少し前に、潮干狩りの入場券を手に入れた。
4月は寒いし、GWは混むし、今後は暑さで持ち帰りや砂抜きに気を使う。
行くのはいつもこのタイミングなのだ。

夫婦仲良く、富津へGo!
玉ねぎ狩りドライブ、母の日花プレゼント、そしてホリホリなど、今月はかみさんへ感謝祭開催中。

平日のホリホリはガラガラ。ホリ放題。
今年のアサリは4㎝以上のでかいのも多い。3㎝くらいは小さく見える。4㎝弱がザクザク出てくる。夫婦とも、すぐに飽きてしまった(笑

そこで、ハマグリ、ハマグリ。
富津のハマグリは九十九里のような大きなチョウセンハマグリではない。それより小ぶりなシナハマグリが多い。それでもゼンナよりは全然大きい。

大人1人2㎏だから夫婦で4㎏。アサリ2.5㎏、ハマグリ1.5㎏ぐらいの割合で持ち帰り。今は砂抜き中。元気にピュッピュッしている。
週末の酒が楽しみだ。

さて、PCは重篤な状態で大手術。データ消失が危ぶまれたが、何とか強引に救出した。現在、少しずつ復旧作業。眠い!

そして、これを機会に我が家もNASを導入。
PC、DVDレコーダーなど、データを扱う機器のネットワークに組み込んだ。
20年以上に渡り蓄積した各データが消失したら...
おー恐。

懐かしい風景 - Dr.K

2018/05/06 (Sun) 20:52:06

GW最終日。
ようやく夫婦でお出掛け。
玉ねぎ狩りと、若い頃によく行った一宮海岸へ。

玉ねぎ狩りは、今は亡き義父とも行った思い出の場所。
白子の玉ねぎは、子どももばくばくサラダで食べられるほど、瑞々しく甘い。
白子の玉ねぎは我が家の風物詩になっている。

そして、結婚前から通っていた一宮海岸へ。
懐かしい風景だが20数年前と随分変わっていた。町もサーファーの町に変貌していたのに驚きだ。
昼食をとり、懐かしみながら一時を過ごした。

実は、プロポーズをしたのも、この一宮海岸。
これまで、随分わがままを聞いてもらった。
今も気兼ねなくランガンに行けるのは、かみさんの理解あってだ。
感謝、感謝。

久しぶりのドライブだったけど、これからもどうぞよろしく。

次回への準備 - Dr.K

2018/05/01 (Tue) 21:04:47

GWはカレンダーどおりのDr.K。

2日の夜からは雨で3日は大荒れ模様。
4日5日は旧友との飲み会。
6日は夫婦で仲良くお出掛け予定。
はい、釣りはお休みです。

ということで、次回への準備。
前回ロスト分のエギを補充し、さらにPEとエギを追加購入。これだけあれば必要十分。エギはエギ王Qがほとんど。

PEもよつあみの4本撚り0.5号から、シマノの最新モデル8本撚り0.6号に変えてみた。飛距離も出そうだ。
シマノがピットブル投入でPEの価格破壊がおきるかもしれない。

さてさて、GW明けの狙いたい潮は所用で行けない。(泣)
いつ行けるかな。

気分も新たに - Dr.K

2018/04/15 (Sun) 18:29:02

春イカシーズン到来にも関わらず、
週末は毎週所用で自由になれない。

気分も新たにファッションチェンジ。
とは言ってもキャップ。

これまで、Poloの平たいベースボールキャップを被っていたが、mazumeのワークキャップに替えアクティブ感を出してみた。

ライジャケやロッドのティップカバーもmazumeなので、ゴリゴリのmazumeフリークのようになっているが、事実なので気にしない。

ちなみにシューズやレインコートはmazumeではないが、今後将来、ウェーダーやオールシーズンスーツもmazumeを企んでいる。

房総で見かけても、うわっと変な目で見ないでね。(笑)

節目 - Dr.K

2018/04/01 (Sun) 18:32:07

今日は4月1日。
4月1日は「サッポロ黒ラベル」の誕生日。

誕生記念に黒ラベルを購入したら、プラケースが付いてきた。ブラックに金文字のケースが意外と心惹かれる。
何か釣りの収納に使えるかな。

と同時に、今日は子どもの入学式。
この黒ラベルで乾杯するか。
明日からは新入社員もやってくるなぁ。

みんなが出発だ。

釣りの工作(クーラー編) - Dr.K

2018/02/24 (Sat) 10:33:02

今まで水氷保存で魚を持ち帰っていたDr.K。

水氷保存だと、クーラーボックスに海水と真水の混合水を張り、凍らせたペットボトルを浮かべるだけ。魚は冷水に包まれる。
でも、実はこれだと冷やし過ぎ。水氷締めをしないのであれば、冷蔵保存がよい。
(参考:魚の鮮度保持と食べ頃↓ http://drkhp.web.fc2.com/50interest/freshness.html

しかし、小さいクーラーで、直接氷に触れないように魚を冷やすのは、新聞紙などに包まないと無理。毎回は結構、面倒。

そこで、釣りの工作。冷気は上から下へ流れることも考慮して、クーラーの上の方にペットボトルの台座を設ける。ペットボトルが暴れて魚を傷つけることも防げる。

それは、100均の皿置きをひっくり返して使う。クーラーに嵌るように、一度ばらして幅を調整。両脇には滑り止め(兼)傷防止のゴムを貼る。両脇の棒がつっかえ棒となり、クーラー内で傾いて、外れて落ちることがない。魚は空いている所から投入する。

もちろん、その魚はバケツで血抜き後のもの。クーラーの中にコンビニ袋を装着しておけば、クーラーもあまり汚れない。

持ち帰ったアジは、冷却収縮もなく、さらに美味しく頂けました。
久々の100点!
水がない分、持ち運びも軽くなったお。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.